NO.6 #32020/06/07



「NO.6 #3」 あさの あつこ・著 講談社文庫
理想都市№6で、親友の沙布が治安局へ連行された。紫苑の母から知らせを受けるネズミだったが、紫苑には隠しながらも調査を始める。事実を知った紫苑は救出に向かう決心をする。成功率は限りなくゼロに近い……。
人と関わりあわないで、非情でなければ生き残れない世界。しかし、熱い心を持ち、思いやり深い紫苑の影響で、知り合った人の考えが揺らいでいく、それはとても重い枷となることが、読んでいて心配になります。
外の世界で、生活していくことに慣れていく紫苑の話が中心なので、ちょっと展開が遅く感じました。ネズミの過去など、まだわからないことが多いので、次を読みたくなります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック