画家が見たこども展2020/02/24



「画家が見たこども展」 三菱一号館美術館
ゴッホ、ボナール、ヴァロットンなど、19世紀末パリに活躍した画家たちが中心です。こどもを描いたものを集めています。自分のこどもとは限らず、甥っ子や姪っ子など、身近にいるこどもたちなど。愛らしい微笑みを向けているこどもは、見ている方も、ほっこりします。

 
ポストカードが、塗り絵付きになっていまして、それもポストカードとして使えます。


サコッシュのガチャガチャがありました。ヴァロットンの絵で全5種類あるそうです。黒いのもあります。文庫本も入るくらいの布バッグです。
荷物をロッカーに入れて、スマホと財布をこれに入れて美術館鑑賞したりするのに、良いのでは?
他のガチャガチャもありました。大人も楽しめて良いですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック