リチャード・ジュエル2020/01/08


リチャード・ジュエル

「リチャード・ジュエル」 ニッショーホール(試写会)
96年、五輪開催中のアトランタで、警備員のリチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)が、公園でバッグに入ったパイプ爆弾を発見する。多くの人々の命を救い一時は英雄視されるジュエルだったが、その裏でFBIはジュエルを第一容疑者として捜査を開始。それを現地の新聞社とテレビ局が実名報道したことで、ジュエルを取り巻く状況は一転する……。
クリント・イーストウッド監督が実話をもとに描いたサスペンスドラマ。
母役はキャシー・ベイツ、弁護士役はサム・ロックウェル。もうアトランタオリンピックは、かなり前になるのですね。今ほど、監視カメラもないのだろうし、爆弾犯人がみつからないまま疑われ、報道によって、犯人のように思われてしまいます。
現在もSNSで間違った人を犯人よばわりしたり、メディアで報道されたら、信じてしまう人もいっぱいいますよね。過去の事件とは思えず、いつ誰が疑われる立場になるかわからないので、考えさせられます。真実がわからないうちに批判したりしないようにしたいし、メディアやネットの世界のことが、全て真実ではないと疑ってかからないといけないと思いました。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック