鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開2019/11/05



「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開」 東京都近代美術館
東京神田に生まれ、挿絵画家として画業をスタートさせた鏑木清方(1878-1972)は、美人画で上村松園と並び称された日本画家。
今年、清方の代表作として知られながら、1975(昭和50)年以来所在不明であった《築地明石町》と、あわせて三部作となる《新富町》《浜町河岸》の3点が発見され、東京都近代美術館へ収蔵されました。そのお披露目の展示がありました。
鏑木清方の美人画は細身で、上品な女性の絵が多いように思います。




左から《浜町彼岸》《築地明石町》《新富町》
よく見ると背景にその土地ならではのものが描かれています。鏑木清方の他の作品《三遊亭円朝像》や12幅対の《明治風俗十二ヶ月》も見ることができます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2019/11/04/9172639/tb