落ちぬ椿 上絵師律の似面絵帖2018/08/31


落ちぬ椿 上絵師律の似面絵帖

「落ちぬ椿 上絵師律の似面絵帖」 知野 みさき・著 光文社文庫
辻斬りで母を亡くし、上絵師の父も失意のうちに死んだ。律は、幼い弟のためにも、父の跡を継ぎ、布に家紋や絵を描く上絵師としての独り立ちを目指していた。そんな折、馴染みの同心が持ち込んだ似面絵に「私が描く方がまし」と言って描いたことで、事件解決の助けになる。上絵師としては、なかなか認められないが、似面絵を副業にいろいろな事件に出会っていく……。
上絵師は当時はまだ女性は少なく、大変だけど、目標に向かって頑張る主人公。
想い人がいるが、家柄の差もあるし、弟を育てていけるように、心に秘めて上絵師として仕事が取れるように鍛錬の日々です。
シリーズ第一弾で、まだよくわからないけど、読みやすいくて、楽しめます。 
表紙からしても、女性向きな時代小説です。恋愛についてはちょっとヤキモキします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/08/31/8953743/tb