アメリカン・アサシン2018/07/01


アメリカン・アサシン

「アメリカン・アサシン」 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
無差別テロ事件で恋人を殺された青年ミッチ・ラップ(ディラン・オブライエン)は、テロリストへの復讐を誓う。潜在能力を高く評価されCIAの対テロ極秘スパイチームにスカウトされたミッチは、元ネイビーシールズの鬼教官ハーリー(マイケル・キートン)のもとで過酷な訓練を積み、現場へ出ることになる。核兵器テロを阻止するためヨーロッパへ向かったミッチは、テロリスト“ゴースト”(テイラー・キッチュ)に翻弄される……。
普通に楽しめるアクション映画でした。主演のディラン・オブライエンは、「メイズ・ランナー」の時はまだ少年っぽさがあったけど、しっかり大人になっていました。上官の命令を無視して、敵を追いかけます。あんまり従順な主人公はいないか。
愛する人を失って、CIAにスカウトされるまでに、自分を鍛えあげちゃう。生意気だけど、実力があります。プルトニウムが盗まれて、危機を回避するために、活躍。なんだか、どっかで聞いたことがあるような王道なスパイアクションかも。
違っているところもあるけど、ネタバレになりそうなので、やめておきます。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/07/01/8906948/tb

_ 象のロケット - 2018/08/19 00:30

旅行中に最愛の女性をテロリストに殺され、自らも重傷を負ったアメリカ人青年ミッチ・ラップ。 テロリストへの復讐に人生を捧げることを決意した彼は、その能力を高く評価したCIAの対テロ極秘スパイチームにスカウトされる。 鬼教官ハリーの下で特訓を積んだミッチは、ヨーロッパでのミッションに身を投じていく…。 スパイ・アクション。