ガール・オン・ザ・トレイン2016/11/29

ガール・オン・ザ・トレイン
「ガール・オン・ザ・トレイン」 TOHOシネマズスカラ座
夫と離婚したレイチェル(エミリー・ブラント)は、毎朝通勤電車の窓から見える、見ず知らずの「理想の夫婦」の姿に、別れた夫との幸せだった日々を重ねていた。ある朝、通勤電車の窓からレイチェルが見たものは、「理想の夫婦」と思っていた妻が夫ではない男とキスしている姿だった。そして、その女性は間もなく死体となって発見され、レイチェルは知っていることを警察にも話すが、レイチェルには問題行動があり、記憶がないことが多く疑惑の目を向けられる…。
レイチェルは過去にその夫婦の家の近所に住んでいた。元夫は再婚し、今は他の女性と子どもと住んでいる。殺された女性はその家に子守に行っていたのだった。
監督は、「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のテイト・テイラー。
レイチェルの行動が理解できないところもあり、見ている方もレイチェルのことを信じられない状況です。本人も記憶が飛んでいる間に何をしたのか、自信がないのです。妻が失踪した直後(まだ死体が発見される前)に、その夫のもとに自分は奥さんの友達だと言って家を訪ねるのだが、知らない女性なのに、何が目的なんだ?と思ったりしました。電車から毎日見えているところで、こんなことするかな、ありえないとも思うこともあります。
でもミステリアスですごく面白かったです。なんといっても出てくる女性が美人揃い。女刑事も迫力のある人でした。さて、真相はどうなるのか、どんどん惹きつけらていきました。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2016/11/29/8262309/tb

_ ここなつ映画レビュー - 2016/12/27 13:14

エミリー・ブラント渾身の作品。そして終始緊張を強いられる。エミリー・ブラントと共に、緊張感溢れる想像力の旅と記憶の旅を彷徨うのだ。マンハッタンへ行って帰る電車に乗って。エミリー・ブラントは揺るぎない主役なのだが、物語は3人の女性を軸に展開する。レイチェル(エミリー・ブラント)、アナ(レベッカ・ファーガソン)、メーガン(ヘイリー・ベネット)。ニューヨーク郊外の湖のほとり、瀟洒な一戸建てに住む人々を、レイチェルは毎日の通勤で電車の中から見やっていた。注目している家は2軒。1軒は、美しい女と洒落た男が仲睦まじく暮らす。朝は妻が夫を見送り、夜は庭の焚き火の前で2人して抱き合って炎を見つめている。...

_ 象のロケット - 2016/12/31 23:34

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。 落ち込む彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える幸せそうな“理想の夫婦”の姿だった。 ある朝、車窓から“理想の妻”の不倫現場を目撃したレイチェルは、夫婦の様子が気になり彼らの家へ向かったところから記憶を失ってしまう。 間もなく“理想の妻”は死体で発見され、レイチェルに疑惑の目が向けられるのだった…。 ミステリー。

_ 銀幕大帝α - 2017/10/16 18:39

THE GIRL ON THE TRAIN
2016年
アメリカ
112分
ミステリー/サスペンス
PG12
劇場公開(2016/11/18)



監督:
テイト・テイラー
原作:
ポーラ・ホーキンズ『ガール・オン・ザ・トレイン』
出演:
エミリー・ブラント:レイチェル
レベッカ・ファーガソン:アナ
...