食堂のおばちゃん2022/08/11



「食堂のおばちゃん」 山口 恵以子・著 ハルキ文庫
焼き魚、チキン南蛮、トンカツ、コロッケ、おでん、オムライス、ポテトサラダ、中華風冷や奴…。佃にある「はじめ食堂」は、昼は定食屋、夜は居酒屋を兼ねており、姑の一子と嫁の二三が、仲良く店を切り盛りしている。心と身体と財布に優しい「はじめ食堂」でお腹一杯になれば、明日の元気がわいてくる。
人情食堂の話で、レシピも付いています。
常連さんが顔を揃える食堂で、嫁と姑なんですが、とても仲が良く、やりがいを持って働いている姿が良いのです。出てくる食事が、家庭の味だけど、どれも美味しそうです。きどった料理ではなく、スタンダードで、日本人は誰もが好きな味です。小鉢も毎日工夫されています。日替わり定食だけで数種類あって、常連さんが悩んでいるとハーフ&ハーフとか、小さい皿に別のおかずをサービスしてくれたりします。毎日行っても飽きないし、1人でも気楽に行けそう。こういうお店は近くにあったら、毎日通いたいです。
お客さんや家族に起こる出来事など、大事件はないけど、とても面白かったです。こういう店で働いて、賄いを食べるのも良いだろうなぁ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック