由宇子の天秤2021/10/02


由宇子の天秤

「由宇子の天秤」 ユーロスペース
3年前に起きた女子高生いじめ自殺事件の真相を追う由宇子(瀧内公美)は、ドキュメンタリーディレクターとして、世に問うべき問題に光を当てることに信念を持ち、製作サイドと衝突することもいとわずに活動をしている。その一方で、父・政志(光石研)が経営する学習塾を手伝い、父と二人三脚で暮らしていた。しかし、政志の思いもかけない行動により、由宇子は信念を揺るがす究極の選択を迫られる。
主人公由宇子は、忖度なしに真実を追求していくディレクターとして、バリバリと仕事をこなしています。取材する相手に寄り添って、本音を聞き出します。でも、身内の問題に突き当たった時、悩みながらも、葛藤し、気持ちが揺らいでいくのです。明るい話ではないけど、主人公と一緒になって、どうすれば良いのだろうか、どうなるのかと、引き込まれて観ました。
主役の瀧内公美さんは、「彼女の人生は間違いじゃない」という映画で見た時に、美しい人だなぁと思っていました。そういえば、どちらの映画もお父さん役が光石研さんでした。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック