バッド・ジーニアス 危険な天才たち2018/11/13


バッド・ジーニアス 危険な天才たち

「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」 新宿武蔵野館
タイ映画ですが、中国で実際に起こったカンニング事件をモチーフに製作されています。
成績優秀で特待奨学生として転入を果たした女子高生リン(チュティモン・ジョンジャルーンスックジン)。試験中に友人のグレース(イッサヤー・ホースワン)に答えを教えたことをきっかけに、グレースの彼のパットから試験中にリンが答えを教え、代金をもらうというビジネスを持ちかけられる。高度な手段で答えを伝えカンニングを成功させた。多くの学生たちがリンの顧客となるが、ついには世界各国で行われる大学統一テスト「STIC」に挑む……。
映画のできは素晴らしいと思います。ただ楽しい話ではなくて、終始スリリングな展開で、ハラハラして疲れました。友人のグレースが超かわいらしい。リンと同じく裕福でないけど、成績優秀なバンク(チャーノン・サンティナトーンクン)もかっこよい男の子でした。クールで頭の良さそうな主人公リンといい、成績はイマイチだけど、お坊ちゃまのパット。主要役者4人のアンサンブルがみどころです。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/11/13/8996920/tb

_ 象のロケット - 2018/11/13 09:50

タイ・バンコク。 成績優秀な少女リンは、有名進学高校に特別奨学生として編入した。 友達になったグレースは勉強が出来ず、見かねたリンは試験中に答えを教えてしまう。 それを知ったグレースの彼氏で御曹司のパットにカンニングビジネスを持ち掛けられ、1科目3千バーツ(約1万円)の報酬を得ることになったが…。 クライム・サスペンス。