ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲2018/11/10


ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲

「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」 TOHOシネマズ日比谷
大規模なサイバー攻撃によってイギリスの諜報機関「MI7」の現役スパイたちの情報が漏洩してしまい、残された最後の頼みの綱として、隠居状態だったジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)が呼び出される。早速、事件を裏で操るハッカーを見つけだそうと任務に就くジョニーだったが、限られたスキルしかなく、アナログ人間な彼にとって、最先端テクノロジーこそが最大の脅威だった。
ローワン・アトキンソンといえば「Mr.ビーン」が有名だけど、このジョニー・イングリッシュもすでにシリーズ3作目。「007」のジェームズ・ボンドを装いながら、Mr.ビーン風になっています。「もしもMr.ビーンがスパイだったら」的な映画です。
ベタでわかりやすいギャグだけど、単純に楽しめて好きです。
音楽やカーチェイスは迫力あるし、ボンドガール(オルガ・キュリレンコ)も出てきます。不思議な動きや、失敗を積み重ねながら、次々とハチャメチャになっていくのですが、なぜだか話はうまくまとまっています。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/11/10/8995249/tb

_ 象のロケット - 2018/11/10 09:18

サイバー攻撃によってイギリス諜報機関MI7の現役諜報部員の正体が漏洩してしまい、引退し小学校教師をしていたジョニー・イングリッシュが呼び出される。 早速、裏で操るハッカーを見つける為に任務を開始するが、彼にとっては最先端のテクノロジーの方が脅威だった…。 スパイ・アクション・コメディ第3弾。

_ 或る日の出来事 - 2018/11/21 22:29

ゆるい笑いも、いいもんだ。

_ ふじき78の死屍累々映画日記・第二章 - 2018/12/08 21:41

▲画像は後から。

五つ星評価で【★★★★何かこのゆるさがどうした事か果てしなく心地よい】
何をやっても騒ぎを起こすトラブルメイカーのおっちゃんがスパイになったらムービー第三弾。
今時、そんなコテコテのネタで笑いが取れるのかというような古めかしいギャグを一つ一つ地味に積み上げていく作業に素直に敬意を表したい。でも、ダメなおっさんを糾弾せず、偶然だろうが何だろうが成功にまで持っていくテ...