X-MEN:アポカリプス2016/08/03

X-MEN:アポカリプス
「X-MEN:アポカリプス」 よみうりホール(試写会) 2D字幕
「X-MEN」の前日譚を描いた「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「X-MEN:フューチャー&パスト」に続くシリーズ完結編。
人類の文明誕生以前からミュータントの力を使い、神として世界を支配していたアポカリプス(オスカー・アイザック)が、数千年の眠りから目を覚ました。人類の文明が間違った方向に発展したと考えるアポカリプスは、世界に新たな秩序をもたらすため、マグニートー(マイケル・ファスベンダー)らを従え、世界の破滅を計画。プロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)やミスティーク(ジェニファー・ローレンス)らが率いる若きX-MENたちは、アポカリプスの企みを阻止するため立ち上がる。
X-MENファンには面白い作品だと思う。でも、これを初めて見たら、何が何やらわからないかも。過去のことも説明少ないし、その後にどうなるかがわかっている方が面白い。一番初めに見た「X-MEN」に出てきていた人たちの若い頃のいきさつがよくわかった。そして、プロフェッサーXはいかにしてスキンヘッドになったのかとかね。おお、これがこの人か(後のハル・ベリーやファムケ・ヤンセン等)とわかるとまた面白い。マグニートーの子ども時代はわかっていたけど、こんな時もあったのかなど、そしてウルヴァリンの関わりも出てくる。終始シリアスじゃなくて、コミカルなところもあって楽しめる。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック