シング・ストリート 未来へのうた2016/08/01

シング・ストリート 未来へのうた
「シング・ストリート 未来へのうた」 ヒューマントラストシネマ有楽町
1985年アイルランド、ダブリン。14歳のコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は家の事情で、荒れた公立校へ転校。両親はケンカばかりで、最悪の日をおくっているが、音楽マニアの兄とブリティッシュミュージックを聴くのが楽しみ。ある日、学校の近くで大人っぽく魅力的な少女ラフィナ(ルーシー・ボーイントン)に、声をかけ、きっかけを作るためにに、自分はバンドをやっているので、PV出演しないかと誘う。慌てて仲間を探してバンドを作り、猛特訓を開始する…。
甘酸っぱい青春ドラマ。後に有名になったバンドでも、青春時代はこんな感じだったのかなぁと思いました。少年の一途な想いが、良かったです。音楽も80年代ブリティッシュサウンドが散りばめられています。それに憧れてメイクをして学校へ行ったり、憧れのバンドを真似したPVを撮影します。その出来具合がレベル高いし、作っている歌もセンス抜群です。ロンドンへ行くという彼女の夢が、自分の夢になっていき、現実味をあびていきます。
さすがは「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督でした。

★★★★☆ 4+