ヤング・アダルト・ニューヨーク2016/08/02

ヤング・アダルト・ニューヨーク
「ヤング・アダルト・ニューヨーク」 TOHOシネマズみゆき座
ニューヨーク、ブルックリン。売れないドキュメンタリー映画監督のジョシュ(ベン・スティラー)と、妻のコーネリア(ナオミ・ワッツ)。40代になり、日々に物足りなさを感じている。ある日、ジェイミー(アダム・ドライバー)とダービー(マンダ・セイフライド)という20代のカップルと知り合う。自由でクリエイティブに生きる若い世代に影響を受けて、ジョシュたちも活力を取り戻していくのだが、ジェイミーには他の狙いがある…。
子どものいない夫婦が若く年の離れた友達ができて、刺激を受け、初めは良かったが、次第に気持ちをかきまわされていく。
面白いのが、年上の夫婦の方が、SNSなどインターネットを駆使するところがあって、若い夫婦はレトロな物を好むのです。CDではなくレコード、懐かしいボードゲームなど、そういうのがオシャレに見えるのです。
今まで仲良くしていた同世代の友人とは疎遠になり、ジェイミーのファッションを真似たり、サイクリングしたり、ヘンな儀式に一緒に参加したりします。ジェネレーションギャップを楽しむのかと思ったら、若者のしたたかさを垣間見ることになって、サッパリしません。豪華な出演者だけど、惜しい気がします。アダム・ドライバーは。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のカイロ・レンです。主役はベン・スティラーだから、もっと笑いを期待しちゃうのかも。

★★★☆☆ 3-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック