流浪の月2022/05/25



「流浪の月」 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
ある日の夕方、雨の公園でびしょ濡れになっていた10歳の少女・家内更紗(白鳥玉季)に、大学生・佐伯文(松坂桃李)が傘をさしかける。伯母に引き取られて暮らす更紗は家に帰りたがらず、文は彼女を自宅に連れて帰る。更紗はそのまま2カ月を文の部屋で過ごし、やがて文は更紗を誘拐した罪で逮捕される。“被害女児”とその“加害者”という烙印を背負って生きることとなった成長した更紗(広瀬すず)と文は、事件から15年後に再会するが……。
「怒り」の李相日監督作品。イケメンの横浜流星が、更紗の恋人役なんですが、とても怖い感じだったから、ファンが減ってしまわないか、心配してしまいます。それだけ熱演だったと思います。
役作りだと思いますが、松坂桃李は痩せていたと思います。反対に更紗のバイト先の店長が三浦貴大ですが、ちょっとぽっちゃりしていて、誰かと思ってしまいました。文の母役が内田也哉子で、樹木希林に話し方が似ているなぁと思って観ていました。さて、文の働いている喫茶店をみつけて、更紗が通うようになるのですが、そのお店がすごく素敵でした。本当にある店なのだろうか。1階のアンティークショップも良かったです。
映画は150分と長めでした。その割には、原作を読んでいるので、それぞれの人物の背景が省略されていることが多くて、映画だけ観る人にはわかりにくいかもしれません。私は更紗の本当の両親は誰が演じるのかと楽しみにしていたけど、そういうシーンはなかったです。更紗の両親が個性的で、幸せな子ども時代だったのが、原作では印象的でした。映画は良かったですが、どうしても暗めになっています。

★★★★☆ 4-

風草の道 橋廻り同心・平七郎控112022/05/24



「風草の道 橋廻り同心・平七郎控11」 藤原 緋紗子・著 祥伝社文庫
久里浜沖で流人船が難破した。助かったのは、流人の鹿之助ひとり。しかし3日後、彼は姿をくらます。北町奉行の榊原は鹿之助が親友の倅でないかと危惧し、立花平七郎に極秘の探索を依頼する。探索の中で、徐々に明らかになる鹿之助の閉ざされた過去。養子としての葛藤、凄絶な恋、そして流人になった理由、数奇な運命に翻弄されたいた……。
シリーズ第11弾。今回は2つの話だったので、じっくり長めの話でした。気持ちを確かめ合った平七郎たち、それを知らない捕物を手伝っている辰吉が、平七郎にそっけない態度を取るのがおかしかったです。しかし、恋愛はあまり進展はなかったですが、事件は無事に解決しました。でも、2つの話とも、もっと早く対処する方法があったら良かったのにと思いました。全てがハッピーとはいかないものです。

ヴェルニー公園2022/05/23



JR横須賀駅のすぐ近く、ヴェルニー公園へ。ちょうどバラの季節で、楽しめました。一緒に行った友人はバラ好きで、詳しかったです。





フランス・モダン・ポスター展 他2022/05/22



横須賀美術館へ行って来ました。2回目ですが、前回もお天気があまり良くなかったです。いろいろな展示が見れました。


「フランス・モダン・ポスター展」
京都工芸繊維大学工芸資料館が所蔵するポスターコレクションより、ポスター芸術の歩みをたどります。ロートレックやミュシャもありました。


「生誕150年 矢崎千代二展」
横須賀市出身の画家で、日本におけるパステル画の普及に尽力した矢崎千代二(1872-1947)の展覧会です。
この画家を目的に行きました。
横須賀美術館のコレクションを充実させるための、初期油彩画の代表作、《秋の園》(1900年)を新たに購入したそうです。
パステルの風景画が中心でした。


「谷内六郎〈週刊新潮 表紙絵〉展 おうち時間の愉しみ」 
いつか見た風景のような、昭和チックな懐かしい絵がいっぱいです。前回谷内六郎館が良かったので、今回はこちらも楽しみでした。


「小田扉の『横須賀こずえ』展」
横須賀を舞台にした犬のこずえのマンガの原画展でした。私は読んだ事ないのですが、地元の人はおなじみの場所が出てきて面白いのでしょう。


美術館の建物が素敵だし、目の前は海、自然豊かで、生で聞く鳥の鳴き声も良かったです。たくさんの紫陽花が、もうすぐ見頃になりそうです。


前回同様、併設レストラン“アクアマーレ”でパスタランチ。

残り鷺 橋廻り同心・平七郎控102022/05/21



「残り鷺 橋廻り同心・平七郎控10」 藤原 緋紗子・著 祥伝社文庫
シリーズ第10弾。江戸市中に現れた、宮家のご落胤を名乗る一行。大奥とつなぎを取ってやると称して商家から金を巻き上げ、奉行所を悩ませていた。平七郎が探索に乗り出した直後、真福寺橋に二人の女の亡骸が流れ着き、一人はご落胤一行と共にいた女と判明する。女が持っていた伊勢神宮のお守りに込められた哀しき想いとは……。
読んだ後に本の表紙を見ると、あのシーンなのかとわかります。この本には黒い犬が出てきました。そういえば、同じ作者の隅田川御用帳シリーズにも、頭の良い犬が出てきました。
平七郎の恋路も、やっと進展がありました。お互いに想いあっているのは読者にも、おそらく周囲の人にも、わかっているのに、身分の違いや仕事の事なので、気持ちを確かめることができないのです。奥ゆかし過ぎます。確かに、彼女の仕事のことをどうするのか、気になりますので、続きを読み進めたいです。
すべてがうまくおさまる結果が最終的には待っているのだと思います。

バブル2022/05/20



「バブル」 TOHOシネマズ日比谷
重力を操る泡「バブル」が降り注ぎ、重力が壊れた東京。街は家族を失った若者たちの遊び場となり、ビルからビルへ跳びまわるパルクールのチームバトルが行われていた。渋谷を拠点とするブルーブレイズのエースであるヒビキ(声:志尊淳)は特殊な聴覚の持ち主で、他人とのコミュニケーションが苦手だ。ある日のプレイ中に重力が歪む海へ落下した彼は、謎の少女ウタ(声:りりあ)に助けられる。不思議な力を持つウタは、ヒビキだけに聴こえる音に反応する。2人の出会いは、世界を変える真実へとつながっていく。
SFだけど、人魚姫がベースにあります。そして、重力がおかしい世界で、パルクールをする話です。それを聞いては何がなんだかわかりませんね。
私は細田守監督の「竜とそばかすの姫」を思い起こしました。「竜とそばかすの姫」は「美女と野獣」がベースになっているからです。そして、美しい歌声も聴けることが共通しています。
「バブル」はキャラクターの絵はかわいいですが、あまり子ども向けではないです。テーマは「輪廻転生」なんではないでしょうか。ちょっと難解なところもありますが、面白かったです。人類も地球も、崩壊と再生を繰り返しているのです。
東京が侵略されつつある状況です。異星人というか、人類とは違うものは、そんなにわかりやすいものではないのです。宇宙人とか人魚とか、人類とは違うものが、東京をしいては地球を侵略しよううとしているように感じました。
作品は配信もしていますが、映画館のスクリーンの方が、臨場感・浮遊感、映像のきれいさは体感できると思います。東京が廃墟のようになった風景、明るい色合いで描かれていて、良かったです。人魚姫と言われると、確かにストンと納得できるのです。だからバブルか。バブル経済じゃないですよぉ。

★★★★☆ 4-

二つの光2022/05/19



「二つの光」 ヒューマントラストシネマ有楽町
徐々に視力を失っていくピアノ調律師のインス(パク・ヒョンシク)は、写真同好会を通じて視覚障害を持つアロマセラピストのスヨン(ハン・ジミン)と出会う。なにかと悲観的なインスに対して、何事にも前向きなスヨン。2人は次第にひかれあっていき、スヨンは気持ちを率直に伝えるが、インスはそんな彼女に背を向けてしまう。さらに、些細な言葉がすれ違いを生んでしまい……。
サムスン電子の視覚障害者支援VRアプリを題材に「愛する人を初めて見る瞬間」をテーマに描いた30分の上映時間なんです。プロモーションのための映画らしいです。
VRのゴーグルを付けると、よく見えるらしいのだけど、どうなっているのかな。便利な物なら、良いですよね。
パク・ヒョンシクがかっこよかったです。視覚障害のある人たちの写真同好会といのは変わっていますが、ボランティアさんが手伝ってくれて、本当にみんな楽しそうでした。弱視の人もいれば全盲の人もいるのです。
「八月のクリスマス」「四月の雪」などのホ・ジノ監督の短編作品です。ホ・ジノ監督のは「春の日は過ぎゆく」「きみに微笑む雨」を観て、久しぶりに観たくなりました。
すぐに終わっていまう感じもしますが、ちょこっと楽しむ映画という感じで、そんなに物足りなさはないです。30分とは知らないで観たらビックリするかもしれません。

★★★☆☆ 3+

国芳猫草紙 おひなとおこま2022/05/18


国芳猫草紙 おひなとおこま

「国芳猫草紙 おひなとおこま」 森川 楓子・著 宝塚文庫
人気浮世絵師・歌川国芳の一人娘とりが誘拐された。子守兼弟子のおひなはとり探しに奔走する最中、謎の薬師に薦められた薬を飲み、猫の言葉がわかるようになってしまう。国芳の愛猫おこまの活躍で、とりがある武家屋敷にさらわれたことを突き止めるが、その屋敷の奥方の首無し死体が見つかり、江戸中を騒がす大事件に…。“猫の網”からの情報を頼りに、一人と一匹が事件の真相に迫る。
実在の人物、歌川国芳、その家族、弟子たちの話を交えつつ、猫と話せるようになるというファンタジックな内容でした。国芳の子どもとりはまだ赤ちゃんで、とても大きな声で泣いてしまうそうです。それをあやすのが上手い主人公のおひなは、弟子ながら、女中のような働きをしています。絵は上達しないけど、どうしても国芳のもとで学びたいので、子守りでもおさんどんでもなんでもやります。おひなは鰹節屋のお嬢さんです。兄からは国芳のもとに行くのを反対されています。猫の情報網はすごくて、頼めばあっちこっちの情報が集まってきます。考え方は人間よりもドライなところがありました。拾って可愛がってもらった国芳のもとから、お金持ちの姫のところに行ってしまったり、そうは言っても元の飼い主も気になってはいました。ファンタジックな内容かと思えば、首を斬られて殺される事件が起きたり、ちょっと殺伐としたところもありました。マンガのような小説でした。国芳の人柄や、奥さんの感じなど、こういう人だったのだろうなと思いました。

築地でお寿司2022/05/17



“すしざんまい”奥の院にて。
「こころ粋<大名椀付き>」というセットメニューを頼みました。


大名椀というのは大きいお椀なので、一緒に写真を撮るとお寿司がミニサイズに見えてしまいます。
おいしくいただきました。