THEやんごとなき雑談2021/05/08



「THEやんごとなき雑談」 中村 倫也・著 KADOKAWA
俳優・中村倫也の初エッセイ集。自意識過剰でモテたかった学生時代。料理や掃除、買い物、散歩など、日常のあれこれ、実家の話、紅白歌合戦の裏側、動物愛。いろいろ書き綴られています。1つ1つが短い話で、読みやすかったです。中村倫也がどんな人かが、なんとなくわかってきます。友人がファンで、貸してくれました。私は荻上直子監督が好きなので、ドラマ「珈琲いかがでしょう」を見ています。主役の中村倫也さんは、ブラックコーヒーが苦手みたいです。撮影前の話だったから、今はわかりませんが、ドラマでは美味しいコーヒーを淹れる役だから、驚きました。本の挿絵も描いていて、上手いです。味があるイラストです。雑誌「ダ・ヴィンチ」に2018年11月号〜2020年11月号に連載したものが、ベースとなっているので、自粛期間中の事などもあり、ごく最近の話でした。自然体で良かったです。
本の裏表紙、帯をめくると、面白い仕掛けがありました。

厚切りトースト2021/05/07



高田馬場“カンタベリカフェ”で、厚切りトースト。トーストが好きなんです。厚みあるパン、美味しいジャムが2種、サラダも付いて、満足です。

小説 渋沢栄一 下2021/05/06


小説渋沢栄一

「小説 渋沢栄一 下」 津本 陽・著 幻冬舎文庫
コンパニー、コルポレーション、バンクを創り、新たな国家システムを構築した“富国共栄”の設計者・渋沢栄一。経済人の生涯。
三面六臂の活躍で、日本経済を引っ張って行った人でした。養育院の運営に関わったり、困っている人達の相談にのり、教育にも力を注いでいます。当時のアメリカとも、良い友好関係を築くよう尽力。日本人全体の大恩人ですね。自分の私利私欲の為ではなく、日本がより良くなるように願ったのだと感じました。ちょっと登場人物が多くて複雑に感じて、読むのに時間がかかりました。

にぎり寿司2021/05/05



浦和で食べたご飯は、アトレ内“築地魚力”の軽めのセット。美味しかったです。

狛うさぎのいる調神社へ2021/05/04



うらわ美術館へ行った時に、近くにある調(つき)神社へ行きました。調宮(つきのみや)とも言われています。前にうらわ美術館に行った時に、友人が狛犬ではなく、狛うさぎの神社があると聞いていたのです。その時は夕方だったので行けなかったのですが、今回は行ってみました。鳥居がない神社でした。月が出るのを待つ信仰があった為、月の使いであるうさぎが置かれるようになったとか。うさぎなんて、かわいいし、珍しいですね。手水舎も、うさぎの口から、水が出ています。つき神社と言う名前から、ツキを呼ぶご利益があるとも言われているそうです。うさき年には、たくさんの人が訪れる事でしょう。

ミュシャ グラフィック・バラエティ2021/05/03



「ミュシャグラフィック・バラエティ」うらわ美術館
アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、ヨーロッパを中心に起こったアール・ヌーヴォーを代表する画家・デザイナー。流麗な女性を描いたポスターで有名になったが、その前から、生計を立てる為に本の挿絵や、数多くのグラフィック・デザインの仕事をしている。この展覧会では、主に生活を彩る美しいデザインを紹介しています。メニューカード、雑誌表紙、ポストカード、商品パッケージ、切手や紙幣まで。図案集も全ページ公開しているので、約550点とたっぷり鑑賞できます。
お菓子や、シャンパンのパッケージなど、おしゃれです。もらったら嬉しい手土産になると思います。 

 
気に入った絵を1枚選んで、写真撮影できます。

ブータン 山の教室2021/05/02



「ブータン 山の教室」 岩波ホール
若手教師のウゲン(シェラップ・ドルジ)は、ブータンの秘境、ルナナにある学校へ行くように言われる。教師を辞めてオーストラリアに行ってミュージシャンになりたいと思っているウゲンは、渋々ルナナに行く事になる。1週間以上かけて辿り着いたその地には、真っ直ぐな瞳で彼を待つ子どもたちがいた……。
可愛らしいポスター写真とは違って、主人公はブータンの都会に住むやる気のない若者。スマホをいじったり、ゲームをしたりする今時の男の子でした。大変な山道を超えて着いた先は、アルプスの少女が住んでいるような、標高4880メートル、物資も乏しいブータンの中でも秘境の地です。自然を敬い素朴に暮らす村人たち。子どもたちは学ぶことに、好奇心いっぱいです。写真の委員長ペンザムちゃん、とてもかわいかったです。世界一幸福度が高い国でも、外国に行きたい人もいるのだなぁと思いました。教師に向いてないし、やる気がなかったウゲンも、子どもたちや村人たちとの関わりの中で、変わっていきます。ドキュメンタリーのように、本場の生活を映しつつ、何もないけど、幸せなのではないかと、豊かさの意味を考えさせられます。ちょっと「神去なあなあ日常」を思い出しました。
話の流れは、もうちょい押した展開が欲しい気もしますが、ルナナへ行く前と行った後のウゲンは、大きく変わったのだと感じました。

★★★★☆ 4

ミックスサンドイッチ2021/04/30



有楽町の“椿屋珈琲店”で食べました。カフェラテと一緒にミックスサンドイッチです。食器がロイヤルコペンハーゲンですね。

SCREENを飾ったハリウッド・スターたち2021/04/29



「SCREENを飾ったハリウッド・スターたち」 国立映画アーカイブ
映画好きならおなじみの雑誌、近代映画社の月刊誌「SCREEN」の誌面を飾る写真や、来日の時の記録、映画祭やサイン入りポートレイト等、有名スターの写真展です。
ジョン・ウェイン、エリザベス・テーラー、オードリー・ヘプバーン、スティーヴ・マックィーン、クリント・イーストウッド、ジョディー・フォスター、マイケル・J・フォックス、ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ…。
今も活躍しているスターの若かりし頃や、亡きスターの写真もあって、懐かしかったです。
ポスターになっている写真、誰だかわかりますか?感じが違っているけど、私はクリント・イーストウッドじゃないかと思ったら、気になってきたので、見に行ってきました。クリント・イーストウッドでした。若いですね。