佐伯祐三 自画像としての風景2023/01/31


佐伯祐三展

「佐伯祐三 自画像としての風景」 東京ステーションギャラリー
大阪、東京、パリ。3つの街で、画家としての短い生涯を燃焼し尽くした画家、佐伯祐三(1898-1928)。
大阪で生まれた佐伯祐三は、25歳で東京美術学校を卒業し、その年のうちにパリに向かいます。作品を見せたフォーヴィスムの画家ヴラマンクから、「このアカデミック!」と怒声を浴びたことが、佐伯を覚醒させます。2年間の最初のパリ滞在中に、ユトリロやゴッホらからも影響を受け、佐伯の作品は大きな変貌を遂げていきます。1年半の一時帰国を経て、再渡欧したのは1927年のこと。このとき佐伯は29歳になっていました。パリに戻った佐伯は、何かに憑かれたかのように猛烈な勢いで制作を続けますが、結核が悪化して精神的にも追い詰められ、1年後にパリ郊外の病院で亡くなりました。
石造りの街並み、ポスターが貼られた壁、カフェなど、短い命を削って、描き続けます。亡くなったのは30歳、更に悲劇なのは、まだ幼い一人娘も一ヶ月後に、パリで亡くなってしまいます。6歳でした。
絵はヴラマンクを彷彿させます。風景の中の人物はササッと描いていて、そこがユトリロみたいです。ポスターにもなっている郵便配達人の絵は、ゴッホにも同じ題材があるので、すぐにゴッホを思い浮かべる人も多いかもしれません。
東京ステーションギャラリーの赤レンガの壁に佐伯祐三の作品があるのが、なんともフィットしています。
いつになく、混雑しているように思いました。佐伯祐三は有名な画家で、日本の各地の美術館で所蔵されているのですが、集まっていて一度に見ることができる機会です。私もアーティゾン美術館の作品は見た事がありましたが、そんない若くして亡くなっているとは知りませんでした。具合が悪くなったきっかけは雨に濡れてしまって、風邪をこじらしてしまったのか、という感じでした。それがひどくなってしまったのか、もっと長生きして、パリの絵をたくさん描いてほしかったです。

美しきシモネッタ2023/01/30



「美しきシモネッタ」 丸紅ギャラリー
丸紅が所蔵するイタリアルネサンスの画家・サンドロ・ボッティチェリの「美しきシモネッタ」を、その来歴や資料等と共に、公開しています。
日本にあるボッティチェリ作品はこれだけらしいのです。シモネッタは「ヴィーナスの誕生」のモデルと言われています。若くして亡くなってしまったらしいです。今回の展示は、他の作品はないのですが、終了間近のせいか、混んでいました。丸紅ギャラリーへ一度行ってみたいと思っていました。

きんとくん2023/01/29



またゆるキャラに会えました。岡山県勝央町のキャラクター、きんとくんです。金太郎こと坂田金時からデザインされているようです。新橋近くの岡山・鳥取のアンテナショップに昨日来ていました。

瞳に映るファンファーレ2023/01/29



「瞳に映るファンファーレ」 ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
銅版画・浜口陽三の作品と、収蔵品の新版画30点。川瀬巴水、伊東深水、鏑木清方など。今回、気に入ったのは、高橋松亭。また機会があれば、この人の他の作品を見てみたいな。


併設する“カフェ・ミュゼ・アッシュ”にてマーブル醤油アイスセットを食べました。醤油とバニラのアイスと季節のアイス(栗でした)とコーヒー。美味しかったです。浜口陽三は、ヤマサ醤油の創業者一族で、父が10代目社長でした。黒蜜風醤油をバニラアイスに混ぜ込んでマーブル状になっています。美術館来場者には、カフェの割引券をいただけます。

エンドロールのつづき2023/01/28


エンドロールのつづき

エンドロールのつづき」 ヒューマントラストシネマ有楽町
インドの田舎町で暮らす9歳の少年サマイ(バヴィン・ラバリ)は、学校に通いながら父のチャイ店を手伝っている。厳格な父は映画を低劣なものと考えているが、信仰するカーリー女神の映画だけは特別だと言い、家族で映画を見に行くことに。初めて経験する映画の世界にすっかり心を奪われたサマイは再び映画館に忍び込むが、チケット代を払えず追い出されてしまう。それを見た映写技師ファザルは、料理上手なサマイの母が作る弁当と引き換えに映写室から映画を見せると提案。サマイは映写窓から見る様々な映画に圧倒され、自分も映画を作りたいと思うようになる。
パン・ナリン監督自身の自伝的映画です。映画に恋した少年はやがて映画監督なります。インド映画(フランスとの合作)なのに、歌とダンスのない映画です。歌やダンスのある映画を観賞しているシーンはありました。
「ニュー・シネマ・パラダイス」を彷彿させました。ピュアな子どもたち、映画の仕組みまで研究しています。純粋だけど、かなりヤンチャしていました。学校へもほとんど行かずに、映写室に入り浸って、多くの映画を見ていました。
インドの田舎の現実も、いろいろとビックリしました。野生動物がずいぶんいました。線路の上を歩いたり、線路で遊ぶことも多いので、何事もなくても、日本人としては、ハラハラします。
そして、食い意地のはっている私が一番心をつかまれたのは、サマイのお母さんが作る料理です。主にお弁当を作っているシーンですが、スパイスを混ぜ合わせて、近くのハーブなども摘んでかけたり、どれも美味しそうでした。丸い茄子に切り込みを入れて、肉類をはさみ、それを多い油で揚げ焼き?オクラの肉詰め?パスタみたいな、ラビオリのようなのを作ったりしていました。お母さん役の人、きれいでした。もちろん主役のサマイもかわいくて、きれいな顔をしています。
映画「めぐり逢わせのお弁当」(インド・フランス・ドイツ合作)を思い出しました。

★★★★☆ 4


映画館で、チャイ売っていたので、チャイを飲みながら鑑賞。カップはコーヒーと一緒の紙カップでした。チャイ好きです。

4品選んで夕食2023/01/27



好きなおかずを4品選ぶメニュー、魚(鰆)、若鶏、エビ、舞茸の天ぷら。野菜が少なめだったかな。美味しかった。また映画前の食事。
“24/7カフェアパートメント”有楽町イトシアにて。

工場のおばちゃん あしたの朝子2023/01/26


工場のおばちゃん あしたの朝子

工場のおばちゃん あしたの朝子」 山口 恵以子・著 実業之日本社文庫
千葉・館山の老舗旅館の娘・朝子は、失恋をきっかけに新宿へ。ウエイトレスをやりながら声優を目指すも、突然、下町の鋏工場へ嫁ぐことになる。舅との確執、夫の不倫、愛人との闘いなど、困難を乗り越えて、強く、楽しく、笑顔で生きていく。集団就職、初めてのテレビ、東京オリンピック他、昭和の世相や風俗を鮮やかに描く、著者の自伝的要素がある小説。
主人公は著者の母親がモデルです。その娘も出てきますが、それが著者のようです。世以子という名前で、食べる事が大好きで、お絵描きをよくしていたらしいです。昭和30年代、40年代の話が多いです。お風呂屋さんに行ったり、家にお手伝いさんがいたりしました。結婚前は呼び出し電話とか、世相が面白いのです。主人公の叔母さんにはかなり助けられています。気難しいお舅さんと同居だけど、本当の父親のように接して、絆が深まっていました。なんだかんだ面白い人生、不思議な転がり方をしています。特別ではないのでしょうが、飽きないしノリが良くて楽しかったです。うちの母とは境遇は違えども、時代的には似ていると思います。

パーフェクト・ドライバー 成功確率100%の女2023/01/25


パーフェクト・ドライバー 成功確率100%の女

パーフェクト・ドライバー 成功確率100%の女」 TOHOシネマズ日比谷
天才的なドライビングテクニックを持つウナ(パク・ソダム)は、ワケあり荷物を届ける特殊な配送を仕事にしている。彼女はある日、海外への逃亡を図る賭博ブローカーと、その息子ソウォン(チョン・ヒョンジュン)を港まで運ぶという依頼を引き受ける。しかし、思わぬアクシデントで依頼人不在のまま、ソウォンと300億ウォンが入った貸金庫の鍵を抱えて追われる羽目になる。貸金庫の鍵を狙う悪徳警官やサイコパスな殺し屋、さらには脱北の過去を持つウナを秘密裏に調査する国家情報院も巻き込み、命がけのカーチェイスを繰り広げる。
凄腕ドライバーが事件に巻き込まれて、追われる話。女性が主人公と言うのが良いと思って観に行きました。主演は「パラサイト 半地下の家族」で半地下の長女役のパク・ソダム。彼女と一緒に逃げる事になる男の子も「パラサイト」で社長一家の息子役だった子。かわいい男の子でした。
「トランスポーター」「ベイビードライバー」など、こういうカーチェイスものは他にもありますが、韓国映画だとかなりバイオレンスで、グロいところもありました。あんまりコメディが混ざってなくて、ハラハラとして、シリアスでした。面白かったですけどね。激しい殺し合いもあるから、「ガンパウダー・ミルクシェイク」にも、ちょっと似ているかも。副題になるのかな、成功確率100%の女って言うのはいらないような気がします。

★★★★☆ 4

つくねスープカレー2023/01/24



今日は寒かったです。帰りは風がすごかったです。
映画に行く前に東銀座の“イエロースパイス”で、つくねスープカレーを食べました。中辛。小ライス、マンゴーラッシー。美味しかったです。いろいろな野菜が入っています。ジャガイモ、ナス、にんじん、インゲン、ヤングコーン、水菜、ゴボウ、カボチャ。いつも思うけど、ゴボウが、味が染み込んでいて、柔らかくて美味しいのです。こんなに柔らかくなるのかと驚きます。

モリコーネ 映画が恋した音楽家2023/01/23


モリコーネ 映画が恋した音楽家

「モリコーネ 映画が恋した音楽家」 Bunkamuraル・シネマ
「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督が、師であり友でもある映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネに迫ったドキュメンタリー。
1961年のデビュー以来、500作品以上もの映画やテレビの音楽を手がけ、2020年7月に惜しまれながらこの世を去ったモリコーネ。「ニュー・シネマ・パラダイス」「荒野の用心棒」「アンタッチャブル」など45作品にも及ぶ傑作から選ばれた名場面や、最高の音響技術で再現されたワールドコンサートツアーの演奏、クエンティン・タランティーノ、クリント・イーストウッド、ウォン・カーウァイ、オリバー・ストーンら錚々たる顔ぶれの監督・プロデューサー・音楽家へのインタビューを通して、モリコーネがいかにして偉業を成し遂げたのかを解き明かしていく。
長い間、映画音楽を作り続け、それもどれも素晴らしく、モリコーネ音楽の素晴らしさを改めて感じる映画でした。始まり方も良かったです。
映画の印象は音楽でもかなり変わります。すぐに思いつくのは「ニュー・シネマ・パラダイス」だけど、新人監督だったジュゼッペ・トルナトーレの作品に、台本を読んだら、すぐに引き受けたようです。その後、他の作品もモリコーネでした。
「時計じかけのオレンジ」はすれ違いから、担当できなかったけど、それだけは悔いが残っているそうです。「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」の音楽は最高です。西部劇の面白さを、音楽で盛り上げているのが、伝わってきます。昔の映像も挿入されていて、興味深いです。ちゃんと観た事はないけど、音楽はみんな知っているのではないでしょうか。「アンタッチャブル」など、多くの映画に貢献、しかし、アカデミー賞をとるのはだいぶ後になってからです。タランティーノの「ヘイトフル・エイト」です。有名監督や歌手たちのインタビューを交えて語られ、ちょっと長かったけど、面白かったです。残念ながら2020年に亡くなってしまったのですね。おそらく、後世に残っていく音楽だと思います。

★★★★☆ 4