黄昏に眠る秋2020/10/20


黄昏に眠る秋

「黄昏に眠る秋」 ヨハン・テリオン・著(三角 和代・訳) ハヤカワミステリ文庫
霧に包まれたエーランド島で、幼い少年が行方不明になった。それから20数年後の秋、少年が事件当時に履いていた靴が、祖父の元船長イェルロフのもとに突然送られてくる。イェルロフは、自責の念を抱いて生きてきた次女で少年の母のユリアとともに、ふたたび孫を探しはじめる。長年の悲しみに正面から向き合おうと決めた二人を待つ真実とは?
エーランド島はバルト海にあるスウェーデン領の島、夏は観光客が来るものの、イェルロフやユリアの住んでいたあたりは、荒涼とした人の少ない場所のようです。その自然豊かな様子と、ミステリアスな内容が、面白かったです。
あまり明るくはないです。子どもが行方不明のまま20年以上、その子どもの母も祖父も、亡くなった祖母も、後悔をかかえています。あの時、目を離さなければと。事故か誘拐か、なぜ今頃になって、靴(サンダル)が送られてきたのか、体も不自由になって、ホームで暮らしているイェルロフが、調べていきます。
ユリアは、嘆き悲しみ続けていて、それほど調査に協力するわけではありませんが、なんとか立ち直ろうとしています。犯人と思われる人の、過去のシーンと現代のシーンが順番に語られます。映画にしたら良さそうです。

騙し絵の牙2020/10/07


騙し絵の牙

「騙し絵の牙」 塩田 武士・著 角川文庫
出版大手「薫風社」で、カルチャー誌の編集長を務める速水輝也。笑顔とユーモア、ウィットに富んだ会話で周囲を魅了する男だ。ある夜、上司から廃刊の可能性を匂わされたことを機に組織に翻弄されていく。社内抗争、大物作家の大型連載、企業タイアップ。問題が山積みになっていく。
俳優・大泉洋を小説の主人公に「あてがき」した作品だそうで、初めから大泉洋を想像しながら読みました。よくするモノマネなどもあって、映像が見えてきそうです。出版業界の裏側と、現代の状況をリアルに伝えていましたし、面白かったです。どうして騙し絵なのかと、初めは思っていたけど、最後まで読むと理解できました。頭の良い人達がたくさん出てきましたし、嫌な上司や、ライバルや同期、会社の人間模様が共感できました。登場人物が結構多くて、ちょっと混乱しましたけど。大泉洋主演で映画も公開するようなので、是非とも観たいと思っています。

三鬼 三島屋変調百物語四之続2020/10/02


三鬼 三島屋変調百物語四之続

「三鬼 三島屋変調百物語四之続」 宮部 みゆき・著 角川文庫
三島屋シリーズ第四弾。三島屋の黒白の間で行われている変わり百物語。語り手の年齢や身分は様々で、彼らは正しいことも過ちもすべてを語り捨てていく。十三歳の少女は亡者の集う家の哀しき顛末を、絶品の弁当屋の店主は夏場に休業する理由を、そして山陰の小藩の元江戸家老は寒村に潜む鬼の秘密を語る。
登場人物が多少変化してきています。主人公おちかの従兄の富次郎が出てきて、これまで出ていた人との別れもありました。別の新しい出会いもあって、今後も楽しみです。
今回は特に、黒白の間での、おもてなしの準備について感じいりました。お茶や菓子を準備することはもちろんですが、床の間の花や掛け軸を選び方です。私は季節を感じさせるものという程度にしか思っていなかったのですが、お客様がどういう人か、その人に合ったもの思いやっていました。語りに来る人は初めて会う人の方が多いですが、毎回考えて準備するのです。

ルリボシカミキリの青 福岡ハカセができるまで2020/09/17


ルリボシカミキリの青

「ルリボシカミキリの青 福岡ハカセができるまで」 福岡 伸一・著 文春文庫
花粉症は「非寛容」、コラーゲンは「気のせい食品」!?生物学者・福岡ハカセが語る、最先端の生命科学から探求心の育て方まで。ユーモラスに語るエッセイ。
ルリボシカミキリというのを、初めて知りましたが、画像を検索したら、本当にきれいな青でした。福岡ハカセの好きなことや、周囲の出来事など、文章が読みやすかったです。人柄があらわれているし、難しいことも、わかりやすく書かれていました。いろいろなテーマで、あまりつながりはないです。

泣き童子 三島屋変調百物語参之続2020/09/09


泣き童子

「泣き童子(わらし) 三島屋変調百物語参之続」 宮部 みゆき・著 角川文庫
三島屋シリーズ第三弾。三島屋伊兵衛の姪・おちか一人が聞いては聞き捨てる変わり百物語が始まって一年。幼なじみとの祝言をひかえた娘や田舎から江戸へ来た武士など様々な客から不思議な話を聞く中で、おちかの心の傷も癒えつつあった。ある日、三島屋を骸骨のように痩せた男が訪れ「話が終わったら人を呼んでほしい」と願う。男が語り始めたのは、ある人物の前でだけ泣きやまぬ童子の話。童子に隠された恐ろしき秘密とは……。
このシリーズ、読むのに少し間があいてしまったので、だいたいは覚えているけど、細かいところがあやふやになってきました。おちか自身の過去をあまり覚えていないかも。百物語といえば、不思議で怖い話が多いですが、夜思い出して眠れなくなるということはなく、良い話が多かったです。短編連作形式で、いろいろな話がありました。「まぐる笛」という話は同じ作者の「荒神」を思い出させる内容でした。
今回は、他の家で催される怪談語りの会に、お客として招かれて、皆で話を聞くというのもありました。
おちかが一人で話を聞くのは、一種のカウンセリングのようになっていると思いました。心に収めきれない怖い体験や、秘密などを誰かに聞いてもらって、語った人が落ち着きます。その為に、良い聞き役として、成長していっています。

羊と鋼の森2020/09/02


羊と鋼の森

「羊と鋼の森」 宮下 奈緒・著 文春文庫
高校生の時、偶然ピアノ調律師の板鳥と出会って以来、調律に魅せられた外村は、念願の調律師として働き始める。ひたすら音と向き合い、人と向き合う外村。個性豊かな先輩たちや双子の姉妹に囲まれながら、調律の森へと深く分け入っていく……。
真面目で純粋な主人公で、静謐な雰囲気があります。調理師の学校へ行って、まだ一人前にはなっていないけど、悩みながらも真摯に向き合って、成長していきます。調律師という仕事の事がよくわかる本でした。映画化しているけど、見逃しているので、残念ですが、配役を見たら、面白そうです。

あかね空2020/08/31


あかね空

「あかね空」 山本 一力・著 文春文庫
京から身一つで江戸へやってきた豆腐職人の永吉。長屋に落ち着き、豆腐屋を開店する、近くに住み、何かと永吉を助けてくれたおふみと夫婦となった二人は苦労しながらも、店を盛り立て、子どもにも恵まれる。しかし、様々な苦難や行き違いも起こり……。
夫婦と子どもたちの二代にわたる人情物語で、直木賞受賞作。
楽しいことばかりではなく、辛いです。心に秘めていることと別の行動をとってしまいすれ違い、もっと素直に生きられないのかと、思えます。ライバル視して、永吉たちを快く思わない者もいれば、陰ながら応援してくれる人もいて、縁や巡り合わせを感じました。

罪の声2020/08/27


罪の声

「罪の声」 塩田 武士・著 講談社文庫
京都でテーラーを営む曽根俊也。自宅で見つけた古いカセットテープを再生すると、幼いころの自分の声が。それは日本を震撼させた脅迫事件に使われた男児の声と、まったく同じものだった。一方、大日新聞の記者、阿久津英士も、この未解決事件を調べ始め、少しずつ真実を追求していく……。
既に古い事件になっているので、若い人は知らないかもしれないけど、グリコ森永事件をベースにして、会社名などは違うのですが、ドキュメンタリーのようなフィクションです。その年の近くにはいろいろな事が起こっていたなぁと、思い出してきました。だんだんこの事件の報道も減っていったし、結局どうなったのか、犯人はわからずじまいでした。
この事件の影で本当に起きていたことは何だったのか、証拠も多いようにも思えたけど、どうして犯人は捕まらなかったのか、いろいろと考えさせるし、興味を覚える内容でした。小説の構成はテーラーで自分が子どもの頃に知らずに事件に関わっていたかもしれない俊也と、未解決事件の特集記事で、担当に駆り出される新聞記者の阿久津、交互に語られていきます。いつ、どういう風にそれが結び付いていくのか、会ってからはどんどん話が進んでいくようでした。
映画化していて、今年公開する予定なので、観てみたくなりました。

危険なビーナス2020/08/15


危険なビーナス

「危険なビーナス」 東野 圭吾・著 講談社文庫
弟が失踪した。彼の妻・楓は、明るくしたたかで魅力的な女性だった。楓は夫の失踪の原因を探るため、資産家である夫の家族に近づく。兄である伯朗は楓に頼まれ協力するが、時が経てばたつほど彼女に惹かれていく。
主人公の伯朗は、獣医師、美人に弱いというか、惚れっぽいようです。弟の妻だという楓に頼まれて、ひっぱりまわされつつ、家族の過去にまつわる謎に迫っていくというような話です。ちょっと複雑な家庭で、母の再婚相手との間に生まれたのが弟、疎遠になっていたようです。母の再婚相手がお金持ちで、相続や、謎の死など、だんだんミステリーっぽくなっていきました。親族たちは胡散臭いし、楓のことも信じられるのかどうかと主人公の気持ちになって読み進めます。でも、主人公があまり好きになれなかったです。ドラマにしたら、良いかもと思いました。楓役が魅力的なら、面白くなると思います。

たゆたえども沈まず2020/08/05


たゆたえども沈まず

「たゆたえども沈まず」 原田 マハ・著 幻冬舎文庫
19世紀後半、栄華を極めるパリの美術界。画商・林忠正は助手の重吉と共に流暢な仏語で浮世絵を売り込んでいた。野心溢れる彼らの前に現れたのは日本に憧れる無名画家ゴッホと、兄を献身的に支える画商のテオ。親交を深めていくが、孤高の画家ゴッホには大きな苦悩があった……。
ゴッホの弟テオと、実在の人物ではない重吉が語り手となっています。この時代のパリでの、浮世絵ブームや、印象派の画家たち評価など、とても興味深く、面白かったです。実話とフィクションが織り交ぜてあります。実際、謎も多いゴッホの生涯(特に最期)ですし、こういう事があったのではないかと思いました。
テオも兄との関係に苦悩していたのがヒシヒシと伝わってきました。
ゴッホの絵が好きな人が読むとより楽しいかもしれません。絵の描かれた背景もわかって、絵の見方が変わりそうです。ゴッホの映画も多いですが、また違った観点で見ているように思います。本の構成も良かったし、タイトルも合っています。浮世絵が、海外の美術館に多く所蔵されているのは、こういう事だったのかとも思いました。