ヘンタイ美術館2020/04/23


ヘンタイ美術館

「ヘンタイ美術館」 山田 五郎、こやま淳子・著 ダイヤモンド社
ルネサンス、バロック、新古典、ロマン、写実、印象派まで。12人の天才画家たちの話。美術に造詣が深い山田五郎さんが、コピーライターのこやま淳子さんに、説明しながら、対話形式で書かれています。
こやま淳子さんは、有名な画家や絵は知っているのですが、山田五郎さんが、マニアックな知識で教えてくれます。わかりやすく、興味を持つような語り口です。
美術に興味がなくても、絵を見せられると、教科書や印刷物などで、見たことあるというような有名な絵がたくさん出てきます。絵に隠された背景もありますが、どちかというと画家本人のことを知ることによって、どうしてこういう絵を描いたのかということがわかってきます。知ってから実物の絵を見ると、観点が変わると思います。見たことある絵も、もう一度見たくなりました。私はどちらかというと、フランスの画家たちのことが面白かったです。フランス革命の頃から、印象派へいたるまで、知らないことも多かったし、知ってることも更に勉強になりました。
初心者から、美術好きな人まで、面白く読めると思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック