スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け2020/01/06


スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け

「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」 TOHOシネマズ日本橋 
帝国支配を目論む者たちと、それを阻止しようとするレジスタンス。主人公のレイ(デイジー・リドリー)をはじめ、フィン(ジョン・ボイエガ)、ポー(オスカー・アイザック)は、手がかりを探しにいくが、その途中で、何度もカイロ・レン(アダム・ドライバー)がレイの前に立ちはだかります。
「スター・ウォーズ フォースの覚醒」、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」に続く3部作の3作目。
ストーリーはずっと続けて見ていなと複雑になってきました。C-3PO、R2-D2に加え、かわいらしいBB-8、更に新しくD-Oという小さいドロイドも新しく出てきました。みんな活躍していました。
孤児だと思っていたレイの出生の秘密や、往年のスター・ウォーズシリーズのような、絆や助け合いなどあり、スピード感あふれる映像で楽しめました。一応、終わって、達成感がありました。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2020/01/06/9198709/tb