時雨ごこち 紋ちらしのお玉2018/11/30


時雨ごこち

「時雨ごこち 紋ちらしのお玉」 河治 和香・著 角川文庫
シリーズ第3弾で完結。柳橋芸者のお玉は、名だたる大名たちから贔屓にされる売れっ子だが、裏の稼業があった。男に抱かれては、その相手の家紋を刺青にして体に彫る。男たちの思い出を体に刻み、それを千個集める“千人信心”の願をかけて。
幕末で、多くの人が亡くなっていき、時代が大きく変わろる頃の話です。幕末に活躍する有名人がいろいろ出てきました。たくさん出てくるので、誰が誰だったかよくわからなくなってきました。柳橋で遊ぶ人たちも変わってきています。
“千人信心”というのが、本当にあったのか、このシリーズを読むまでは知らない言葉でした。タイトルの“時雨ごこち”は、時雨が降りそうな空模様や、涙が出そうな気持ちという意味だそうです。
やっと最後が読めて良かったと思いました。でもこの作家なら「国芳一門浮世絵草紙」シリーズの方が好きです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/11/30/9005057/tb