PK2016/10/08

PK
「PK」 ユーロライブ(試写会)
留学先のベルギーで失恋を経験したジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、母国インドへ戻り、テレビ局で働いている。そんなある日、ジャグーは、地下鉄で黄色いヘルメットを被って大きなラジカセを持ち、チラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。男は「PK」と呼ばれ、神様を探しているという。興味を持ったジャグーは、取材させてもらうことに。神様を探している理由を聞くと、PKはにわかには信じられない話をする。驚くほどに純粋で世間の常識とはかけ離れているPKは、テレビを通して、大きな大論争を巻き起こす…。
「きっと、うまくいく」のラージクマール・ヒラーニ監督と、インドの国民的スターであるアーミル・カーンの再タッグ作。
宗教も神様も知らない人に、理解してもらうのは難しい。そもそも神様は何か、どうして神様はいろいろいるのか。地球の常識が通用しないPKのギャップに笑いながらも、神様のあり方を考えさせられる。インド映画にしては歌とダンスは少ないです。でも、ちゃんとあります。PKとは“酔っ払い”という意味らしい。挙動不審なふるまいをするので、皆にそう呼ばれるようになったということです。ジャグーがかわいくて魅力的だし、アーミル・カーンは大好きだし、とっても面白かったです。もっと歌って踊って、アクションもしてほしかったけど。
インド映画にしては短い153分。インド映画見たことない人でも楽しめると思います。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2016/10/08/8217577/tb