パラレル・マザーズ2022/11/10


パラレル・マザーズ

「パラレル・マザーズ」 ヒューマントラストシネマ有楽町
写真家のジャニス(ペネロペ・クルス)と17歳の少女アナ(ミレナ・スミット)は、同じ病院の産科病棟で、同じ日に女の子を出産。ともにシングルマザーとして生きていくことを決意していた2人は、再会を誓って退院する。ところが、ジャニスがセシリアと名付けた娘は、父親であるはずの元恋人から「自分の子どもとは思えない」と言われてしまう。それをきっかけにジャニスがDNA検査をしたところ、セシリアが実の子でないことが判明。アナの娘と取り違えられたのではないかと疑うジャニスは、悩んだ末にこの事実を封印し、アナとも連絡を絶つ。しかし1年後、偶然アナと再会し、アナの娘が亡くなったことを知る。
スペインのペドロ・アルモドバル監督、ビビットなカラーで、スペインのインテリアが、カッコイイです。いつもセンス抜群です。ファッションも良くて、ペネロペの生活がおしゃれでした。
赤ちゃん取り違え?どうするの?アナに言うの?黙ったまま?それなのに親しく付き合って良いの?とハラハラとしながら、話を追っていました。愛情をかけて育てているのに、悲しさはあるけど、話は良かったです。それとスペイン内戦で、亡くなった親族たちの骨を掘り起こそうとする話。今はスペインは、平和だと思うけど、ほんの少し前は、いろいろあったのだと、戦争が起こっている時代だから、それを忘れてはならないと言うことを描きたかったかと思います。ペネロペの祖父や父たちの話は、そんな昔のことではないと考えさせられます。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック