蚊遣り火 橋廻り同心・平七郎控72022/04/05



「蚊遣り火 橋廻り同心・平七郎控7」 藤原 緋沙子・著  祥伝社文庫
シリーズ第7弾。
江戸の夏の風物詩―杉の青葉などをいぶして蚊を追い払う蚊遣り火。それを庭で焚く女の姿を、松幡橋の袂からじっと見つめる若い男がいた。前夜、橋向こうの小間物屋の主が殺された。若い男の不審な佇まいに平七郎は素性を洗う。やがてその男清吉と、蚊遣り火の女おちかの悲恋が明らかになると同時に、新たな疑惑が…。
想い合っていたのに、事情により別の男のもとへ嫁いだ娘、仕事を辞めてしまった男、思い通りにならない人生でも、修復できる場合もある。橋廻り同心の平七郎が協力しようと思うが、間に合わないかもしれないとヒヤヒヤとしました。その後はどうなったかをもっと詳しく知りたくなるような、余韻のある終わり方です。
蚊遣り火というのは、よもぎの葉、カヤの木、杉や松の青葉などを火にくべて、燻した煙で蚊を追い払うそうです。この時代は蚊取り線香がまだないですから、家を燻していたのです。
惹かれあっていても、別れを選ぶと言う話もありますが、一応事件は解決する話なので、読んでいても面白いです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック