レッドタートル ある島の物語2016/09/12

レッドタートル ある島の物語
「レッドタートル ある島の物語」 一ツ橋ホール(試写会)
嵐で荒れ狂う海に放り出された男が、無人島へ漂着、筏を作って島からの脱出を試みるが、何度挑戦しても、筏が壊されて島に引き戻されてしまう。絶望の中、男の前にひとりの女性が現れる…。
カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で特別賞を受賞。
フランス・日本の合作で、スタジオジブリが、初となる海外作家の映画製作に参加しています。監督はオランダのマイケル・デュドク・ドゥ・ビット。2000年に発表した短編「岸辺のふたり」でアカデミー短編アニメーション賞を受賞しています。それを見たスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが長編をオファー。監督が尊敬する高畑勲監督に助言をもらえることを条件に、引き受けたそうです。高畑勲監督がアーティステックプロデューサーとして、シナリオや絵コンテ作りなどに関わっています。
セリフが少ないというのは聞いていたけど、叫んだり、嘆いたり、呼びかけているシーンはあるものの、明確なセリフは一切ありません。字幕もありませんでした。どこの国の人が見ても、理解できるようになっています。試写会には小さいお子さんも来ていたけど、この映画はどちらかと言えば大人向きです。色調もかなり抑えめでした。私は日本画のように感じました。木がたくさん茂っているところなどは、竹林のような色合いでした。ひとりの男が毎日無人島で格闘しながら、脱出するために苦しんでいます。そこにファンタジーのようなことが起きるのです。それがレッドタートル(赤い亀)に関係してくるのだけど、これはいったい何を表しているのだろうなぁ。自然との共存は大きなテーマかもしれません。
男がどこの国の人で、島はどこにあるのか、時代はいつなのか、どれもわからないです。レッドタートルのことはネタバレになるので書きませんが、気になる人は是非見てください。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック