ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ2022/12/05



「ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ」 TOHOシネマズシャンテ
イギリスの上流階級に生まれたルイス(ベネディクト・カンバーバッチ)は早くに父を亡くし、一家を支えるためイラストレーターとして働くように。やがて妹の家庭教師エミリー(クレア・フォイ)と恋に落ちた彼は、周囲から身分違いと猛反対されながらも彼女と結婚。しかしエミリーは、末期ガンを宣告されてしまう。そんな中、ルイスは庭に迷い込んできた子猫にピーターと名づけ、エミリーのために子猫の絵を描き始める。
猫をモチーフにしたイラストで人気を集めたイギリスの画家ルイス・ウェインの生涯を描いた伝記映画。
この映画の前は、ルイス・ウェインの事は知らなかったですが、可愛らしい絵で気に入りました。当時は猫はあまりペットとして飼われていなかったそうですが、ルイスの絵が人気を博して、猫に対する考え方が変わってきたそうです。そうだとすると、すごい功績のある画家ですね。ちょっと変人っぽい主人公、絵はとても上手く、描くのが早いのです。本人がそうだったのか、左右の手を一度に使って描いていました。
イギリスのこの時代は、身分の差などで、なかなか結婚が難しいようで、ルイスの家は落ちぶれた感がありますけど、家庭教師で多分、年上の人と結婚するのは異例なんです。結婚後は幸せそうですが、長くは続かず、ルイスも病んでいくところが、悲しいです。エミリーが可愛がっていた猫のピーターは、頭良さそうで、愛らしかったです。全体的には、ちょっと長い気もしました。ベネディクト・カンバーバッチは、いつもの役とは違っていて、珍しいです。オシャレな服装も多かったです。チラッとしか出ないけど、イギリスらしく紅茶を飲むシーンの食器がどれも良かったです。ちょっと妄想も出てきて、シュールな映像もあり、いろいろ紆余曲折があります。絵本の中のような美しい自然、ルイスが生み出す擬人化された猫達、見どころは多いです。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック