戦争と女の顔2022/08/17


戦争と女の顔

戦争と女の顔」 新宿武蔵野館
第2次世界大戦後のレニングラード。女性兵士として従軍したイーヤ(ビクトリア・ミロシニチェンコ)は、PTSDを抱えながら病院で働いていた。ある日、PTSDによる発作のせいで予期せぬ悲劇が襲う。
戦友でもあるマーシャ(バシリサ・ペレリギナ)が戦地から帰還。彼女もまた、心に大きな傷を抱えていた……。
ベラルーシのノーベル賞作家スベトラーナ・アレクシエービッチによるノンフィクション「戦争は女の顔をしていない」を原案にしています。カンテミール・バラーゴフ監督はまだ若い新鋭監督、主演の2人も新人のようです。
戦場のシーンは全く出てこないながら、戦争の悲惨さを訴えています。
暗くて重い映像だけど、ファッションなどの色合いが赤や緑が印象的です。中心となるイーヤはとても背が高い女性でした。スーパーモデルのような身長です。のっぽと呼ばれています。イーヤ、マーシャ2人とも美しい人でした。どうなるのかとハラハラとして、緊張感がありました。何げない会話の中にも、戦争の悲劇が垣間見えます。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック