永い言い訳2016/10/15

永い言い訳
「永い言い訳」 ユナイテッド・シネマ豊洲
人気作家でテレビでも活躍する津村啓こと衣笠幸夫(本木雅弘)は、突然のバス事故により、長年連れ添った妻(深津絵里)を失う。しかし妻との間は醒めていて、幸男には愛人もいた。妻を亡くして悲しみにくれる夫を演じることしかできなかった。ある日、幸夫は同じ事故で亡くなった妻の親友の遺族と出会う。幸夫と同じように妻を亡くしたトラック運転手の大宮(竹原ピストル)は、幼い2人の子どもを抱え、憔悴していた。困っている様子だったので、その兄妹の面倒をみることを申し出る。
原作・脚本・監督が西川美和。
イケメンだけど、プライドが高い主人公。子どもたちや他の人の出会いによって、自分をみつめなおす。妻への想いや嫉妬など、時に制御できないような複雑な感情をのぞかせる。喪失と再生の物語。どの人も適役で、特に子どもたちは秀逸。会話のひとつひとつが、とても丁寧に語られている。文学的であるのだけど、風景や色合いも良かった。特に海へ行くところは、日本じゃないみたい。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2016/10/15/8228767/tb

_ 象のロケット - 2016/10/21 15:10

人気作家の津村啓こと衣笠幸夫は、妻・夏子が旅先でバスの事故に遭い、親友ゆきと一緒に亡くなったという知らせを受ける。  ちょうどその時に不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできなかった。  ある日、ゆきの夫でトラック運転手の大宮陽一と顔を合わせた幸夫は、ふとした思いつきから、陽一の子どもたちの世話を買って出ることに…。 ヒューマンドラマ。

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2016/11/01 22:00

 『永い言い訳』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)西川美和監督の作品ということで、映画館に行ってきました。

 本作(注1)の冒頭では、椅子に座った衣笠幸夫(小説家の筆名は津村啓:本木雅弘)の髪の毛を、妻の夏子(深津絵里)がハサミを入れて切っています。
 TV画面には、幸夫が出演しているバラエティ番組が映し出されていて、それを見ながら夏子が笑います。
 すると、幸夫は「もう消せよ、くだらない」「ヌエ(鵺)のことなんか語ってどうすんだって思ってるんだろ?」と詰りますが、夏子は「思ってません」と答え...

_ のほほん便り - 2018/08/06 07:42

な、なんと、西川美和監督のこの作品。第153回直木賞候補作にもなったのですか。びっくり。妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち、その関わりの中から、新しい絆の形というか、「疑似ファミリー」体験に癒やされるものもあって… 関係の中で生まれる喜怒哀楽。子役達もビビッドだったし、もちろん、主人公の本木雅弘も好演。しかし、紅白歌手の、竹原ピストルが、演技でも、こんなにも存在感で、対象的なタイプの父親を演じきるとは… 感心してしまったのでした。深津絵里、池松壮亮、黒木華ら、共演陣も豪華多彩味わい深い佳作でした。    (解説)「ゆれる」「ディア・ドクター」の西川美和監督が、第153回直木賞候補作にもな…

_ 或る日の出来事 - 2018/08/14 00:30

ほかの一家と、家族をスタートする。