四畳半タイムマシンブルース2022/10/19



四畳半タイムマシンブルース」 ユナイテッドシネマ豊洲
大学生の「私」(声:浅沼晋太郎)が暮らす、京都・左京区の古びた下宿「下鴨幽水荘」。ある夏の日、下鴨幽水荘で唯一のエアコンが使えなくなってしまう。悪友の小津(声:吉野裕行)が昨晩、リモコンを水没させてしまったのだ。「私」が映画サークルの明石さん(声:坂本真綾)と対策を協議していると、田村(声:本多力)という名の見知らぬ男子学生が現れる。田村は25年後の未来からタイムマシンに乗ってやってきたという。その話を聞いて、タイムマシンで昨日の夜に戻り、壊れる前のリモコンを持ってこようと考える。しかし、小津たちが勝手気ままに過去を改変しようとする……。
タイムマシンと言っても、本格SFという感じではなく、日常の些細な修正をしようとします。しかし、過去を変えることで、不都合が生じるのではないかと、もしかしたら、大変危険なことなのかと考え始めます。1日前に戻ると、1日前の自分や、他の人も重複していることになるのです。自分と会ってしまって良いのかどうか、会わないように前日の行動を思い出しながら、過去が変わらないようにしていきます。自分勝手な行動をとる人も出て、混乱していきます。パラレルワールドのように、重複した世界があるのか、考え過ぎると難しい問題です。それでも、辻褄が合ってくるような気がしてきます。全てが起こるべくして必要な出来事だったのだと思います。
個性あふれる絵、クセが強い大学の仲間や先輩たち、面白いかったです。独特の世界観で、芸術的でした。そして、京都の雰囲気がとても良いのです。主人公の想い人、明石さんは可愛かったです。配信のアニメだけど、限定で劇場公開しているようです。観に行けて良かったです。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック