あなたを抱きしめる日まで2014/04/03

あなたを抱きしめる日まで
「あなたを抱きしめる日まで」 シネスイッチ銀座
1952年アイルランド、未婚の母となったフィロミナ(後にジュディ・ディンチ)は、親に入れられた修道院で3歳の息子と生き別れる。その後、胸に秘めて、1人で探していたが、娘のジェーンに50年前に息子と引き離されたことを打ち明ける。ジェーンが知り合ったジャーナリストのマーティン・シックススミス(スティーブ・クーガン)に、事情を話し、一緒に探してもらうことをお願いする。息子はアメリカに養子に出されたことを調べ、アメリカへ向かう…。
原題は「フィロミナ」で、邦題から想像する内容とは全然違って、意外な事実が待っていました。
マーティン・シックススミスによるノンフィクションを映画化したものなので、実話なんです。
ジュディ・ディンチは表情やしぐさで深い愁いを感じさせます。でも映画は面白いところもあります。フィロミナとマーティンの会話がしゃれているのです。フィロミナの気持ちを理解することは難しいですが、見終わった後は、さわやかな印象が残りました。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック