きみはいい子2014/04/02

きみはいい子
「きみはいい子」 中脇 初枝・著 ポプラ社
虐待について書かれた短編集。
5時まで家に帰ってきてはいけないとか、家であまりご飯を食べさせてもらえないとか、厳しい子どもの現実がかいま見えます。でも、そっと寄り添ってくれる誰かがいれば、その子にも救いがあるのかもしれない。
話は別の話だけど、虐待に気がつく大人の目線だったり、自分の子に手をあげてしまう母親の目線の話があります。小さい頃に虐待を受け、その張本人の母は今は認知症になって、虐待のことは覚えていない、その母を数日預かることになった話もありました。楽しい話ではないけど、どの話も印象に残るものばかりです。虐待が解決するというのでなく、それでも一筋の光はあるという内容でした。大袈裟すぎず、静かに語りかけてきます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック