木漏れ日の家で2011/04/20

「木漏れ日の家で」を観てきました。
ポーランド、ワルシャワ郊外の古い屋敷で91歳のアニュラ(ダヌタ・シャフラルスカ)は愛犬のフィラ(フィラデルフィアの略)と暮らしている。
アニュラは双眼鏡で隣人たちの生活を覗くのが日課。動きはすっかり遅くなったが、おしゃれで誇り高い性格で、無礼な人はお断り。愛犬にだけ心を許して話しかける毎日。
長く暮らしている家で、アニュラの心に去来するのは若き日の甘美な思い出、息子の幼い頃の愛らしい姿。今では静かな暮しをかき乱すのは、家をめぐるいさかいや息子夫婦との関係。人生の最後を思うことで、彼女はある決心をする…。
モノクロの映像が、なんとも美しい映画。古いけれど立派な屋敷がとても素敵で、老婦人のひとり生きる姿が、リアルに描かれる。ちょっと眠くなってしまうところもあるのだけど、家も風景も、美しく年を重ねる女性にも魅せられるのである。

★★★☆☆

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2011/04/30 03:02

ポーランド映画。
主演は、当時91歳 ダヌタ・シャフラスカ(写真)
老女と犬の、古い一軒家での生活を淡々と描く。
(前半はほとんどがその生活の描写)


そして最近の映画にもかかわらず、全編モノクロ。
このモノクロによる撮影が、実に美しい。
こんなに豊かな表現が...