アントニオ・ロペス展2013/05/28

アントニオ・ロペス
現代スペイン・リアリズムの巨匠、アントニオ・ロペス展へ行ってきました。
ビクトル・エリセ監督の「マルメロの陽光」は、この画家がマルメロを描く制作過程を追った映画です。
リアリズムと言っても、アップで見るとそれほど細かく描いているわけじゃないのですが、前に立つと、本当にその風景の前に立っているような気持ちになります。チラシの絵は「グラン・ビア」という作品。道路の標示のかすれている感じとか、まるで写真みたいです。
マドリードのいろいろな風景が印象的でした。絵だけじゃなく、リアルな人間の彫刻もいっぱいありました。
マルメロって聞いたことはあるけど、食べたことないなぁ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック