よろこびの歌2022/12/03



「よろこびの歌」 宮下 奈緒・著 実業之日本社ジュニア文庫
著名なヴァイオリニストの娘で、声楽を志す御木元玲は、音大附属高校の受験に失敗、新設女子高の普通科に進む。挫折感から同級生との交わりを拒み、母親へのコンプレックスからも抜け出せない玲。しかし、校内合唱コンクールを機に、頑なだった玲の心に変化が生まれる……。
高校では、誰とも交わろうとしない玲、他にもいろいろな立場の人がいて、主に6人のそれぞれを描いた青春群像劇です。スポーツが得意な人、音楽が得意な人、霊感が強い人等。自分は女子高でないので、ちょっと雰囲気が違うとは思いましたが、高校時代の事を思い出します。誰かに似ているかもしれない小説でした。イラストもあって、マンガと小説の間のようで、すぐに読み終わってしまいました。合唱コンクールに向けて、みんなで頑張るのかと思ったら、合唱コンクールはすぐに終わってします。でも、合唱コンクールをきっかけに、親しくなったり、考えが変わったりしました。多感な少女時代、自分だけが恵まれてないように思います。他人が羨ましい時期でもあります。自分も高校では合唱祭があった事を思い出しました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック