あきない世傳金と銀 5 転流篇2018/12/29


あきない世傳金と銀5

「あきない世傳金と銀 5 転流篇」 髙田 郁・著 ハルキ文庫
大坂天満の呉服商、五鈴屋の六代目店主の女房となった主人公、幸。三兄弟に嫁す、という数奇な運命を受け容れた。「女名前禁止」の掟のある大坂で、幸は、夫・智蔵の理解のもと、奉公人らと心をひとつにして商いを広げていく。だが、そんな幸たちの前に新たな試練が待ち受けていた。シリーズ第5弾。
いろいろなアイデアを考えて、実現していく幸。旦那様は優しくて、幸を大切にしてくれて、良かったと思いましたが、家族の不幸も重なります。江戸へ店を出すことを目標と定めて、手代たちと力を合わせていきます。思いやりのある主人夫婦に、皆も惜しみない努力をしています。さて、その後はどうなるのかと、いろいろ想像が膨らんでいます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック