皇室ゆかりの美術2018/12/24


皇室ゆかりの美術

「特別展 皇室ゆかりの美術 -宮殿を彩った日本画家-」 山種美術有館
山種美術館の創立者・山﨑種二氏が、1968年に完成した皇居宮殿を飾った美術品に感銘を受け、宮殿装飾を手掛けた日本画家たちに同趣向の作品制作を依頼したそうです。
山口蓬春、上村松篁、橋本明治、東山魁夷などです。

今回の私の目的は以下の2点です。美しくて満足しました。


    《満ち来る潮》東山魁夷

大きな作品で金箔も貼ってある豪華な作品。迫力がありました。

  
     《牡丹雪》 上村松園

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック