駆ける百合 上絵師律の似面絵帖2021/10/08


駆ける百合 上絵師律の似面絵帖

「駆ける百合 上絵師律の似面絵帖」 知野 みさき・著 光文社文庫
シリーズ第6弾。涼太と祝言を挙げ、青陽堂の嫁としての新たな生活を迎えた律は、息抜きに出かけた先で、同じく嫁いだばかりの女たちと知り合う。悩みを打ち明け合える知己を得て心強く思う律だった。一方、池見屋で、律は義母の佐和もよく知る由里という女性に出会う。彼女は何やら心に憂いを抱えている様子……。
前作から、ずいぶん間があいてしまったので、思い出しながら読みました。
祝言を挙げようとした日に、事件が起き、先のばしとなっていたけど、やっと夫婦として暮らせるようになりました。まだ初々しい悩みなどがあります。駆ける百合というタイトルはどういうことかと思っていましたが、読んでみると納得できました。厳しめなお姑さんですが、理解しあって、ちょっと距離も縮まってきたように感じました。商家の嫁となっても、上絵師の仕事はさせてもらって、恵まれていると思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック