京都祇園もも吉庵のあまから帖2022/09/11


京都祇園もも吉庵のあまから帖

「京都祇園もも吉庵のあまから帖 」 志賀内 泰弘・著 PHP文芸文庫
元芸妓のもも吉は、わけあって今は祇園で甘味処「もも吉庵」を営んでいる。一見さんお断り、メニューは「麩もちぜんざい」のみの小さな店だ。
そんな店を訪れるのは、舞妓になるために15歳で祇園へやってきた少女、妻を亡くして一人で京都を旅する中年男性等、様々な悩みを抱えた人たちへのもも吉の言葉は、ときに辛口だが、彼らの心を解きほぐしていく。
冒頭に登場したのは、もも吉の娘で、もと人気芸妓で、タクシー運転手に転身した美都子。こっちが主人公なのかと思ったら、母と娘2人が中心になっています。2人がいるから、話が膨らんでいくと感じました。
京都祇園ならではの生活、行事など、とても興味深いです。京ことばも素敵に響きます。悩みを持つ人、困っている人が、もも吉庵を訪れては、胸のうちを聞いてもらい、何かしらの答えをみつけていきます。ハートウォーミングな話ばかりで、ほんわかしました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック