非正規レジスタンス2011/03/03

非正規レジスタンス
「非正規レジスタンス 池袋ウエストゲートパークⅧ」(石田衣良・著)文春文庫
主人公・真島誠は池袋の青果店で働きながら、街の困った事件を解決しているトラブルシューター。シングルマザーの話やネットカフェで寝泊まりする若者の話など、4編の話が入っています。どれも現代社会を反映したような、考えさせる話です。
中でも非正規雇用の若者たちが、日雇い仕事をして、その日その日を生きていくこと、ネットカフェに寝泊まりして、そこから抜け出そうっとあがいている姿が、痛ましいです。一歩間違えれば、誰だって家を失いかねない世の中です。差しのべられる手もない、苦しい状況にいつ陥るのかはわかりません。足を伸ばして眠れることの幸せを感じます。マコトのおふくろさんの過去のことも1つ目の話で、ちょっとだけ触れられていいますが、ホロリとさせられます。このおふくろさんは名前も出てこないし、謎の人物です。とにかくマコトの、おしつけがましくない活躍を読むことが毎回楽しみなシリーズです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック