おれの墓で踊れ2022/09/09


おれの墓で踊れ

おれの墓で踊れ」 エイダン・チェンバーズ・著 徳間文庫
16歳の少年ハルは、「死んだ友人の墓を損壊した」という罪で逮捕された。だが「なぜそんなことを」という問いに、ハルは答えようとしない。深夜、18歳で死んだ友人バリーの墓で、ハルは何をしようとしていたのか。バリーはなぜ死んだのか…。ハルが唯一信頼する教師オズボーンの勧めで書き始めた手記から、次第に、ハルとバリーの絆と破局、ふたりが交わした誓いが明らかになる…。
イギリスが舞台の青春小説。
フランソワ・オゾン監督「Summer of 85」の原作です。映画がとても良かったので、文章で読んで思い出しました。ハルもバリーも映画ではとても魅力的だったから、思い浮かべてしまいます。ハルは急な死を知って、混乱していますが、出会いから別れ、ハルが墓でしたことが、読み進めるとだんだんと明らかになります。
映画は原作に割と忠実でした。バリーの家のお店が映画では印象的でしたけど、原作とは違いました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック