007 ノー・タイム・トゥ・ダイ2021/10/23


007 ノー・タイム・トゥ・ダイ

「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」 TOHOシネマズ日本橋
現役を退きジャマイカで穏やかな生活を送っていたボンド(ダニエル・クレイグ)のもとに、CIA出身の旧友フィリックス・ライターが助けを求めにやってきたことから、平穏な日常は終わりを告げる。誘拐された科学者を救出するという任務に就いたボンドは、その過酷なミッションの中で、世界に脅威をもたらす最新技術を有した黒幕を追うことになるが……。
ジェームズ・ボンドの活躍を描く「007」シリーズ25作目。ダニエル・クレイグが5度目のボンドを演じ、前作「007 スペクター」から引き続きレア・セドゥー、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ロリー・キニア、レイフ・ファインズらが共演。
007好きな方は、ちゃんと予習したり、覚えているのでしょうが、私はかなりあいまいで、ダニエル・クレイグ版は、スペクターは映画館で観たけど、他はテレビだったかなぁ。繋がりを思い出せない所もあるこど、楽しめました。
ダニエル・クレイグのボンドは好評だったし、実際にかっこいいから、最後なんて、残念ですね。蝶ネクタイにスーツ姿が似合っています。パーティーの時に一緒に戦った女性がキュートですね。アナ・デ・アルマス、男性に人気がでそうです。ボンドの最愛の人、レア・セドゥーも良かったです。私はQを演じる、ベン・ウィショーを目当てに観ております。
007シリーズは、イギリスっぽさもありつつ、伝統的なスタイルを継続しているのが良いです。現代的にしつつ、古いものも大切にしています。でも、今作は、結末やその前の話も、今までにないパターンで、驚きました。
さて、次のボンドは誰になるのか、レイフ・ファインズやベン・ウィショーも変わってしまうのかなぁ。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック