奇跡のバックホーム2021/05/24


奇跡のバックホーム

「奇跡のバックホーム」 横田 慎太郎・著 幻冬舎
元阪神タイガースの横田慎太郎。今後が期待される選手だったが、プロ4年目で脳腫瘍の宣告。18時間に及ぶ大手術、復帰をめざして、立ち向かい、努力を重ねるも、視力が回復せずに、24歳での引退。
ジャンクSPORTS等でもやっていたから、知っている人も多いと思いますが、ボールが二重に見えるのが、どうしても直らなくて、プロ野球選手の道を断念したと言う横田選手。涙なしに読めない本でした。1軍の試合で、東京ドームに出ていた姿を直接見る事ができたので、良かったです。あの時は、病気になる前だったのだなぁ。子どもの頃から、野球ばかり、本当に努力家で野球が大好きな少年だったのが伝わってきます。お父さんもプロ野球選手だったそうです。なんとしても復帰して、背番号24を取り返すと心に誓い、辛い治療やリハビリに耐えたのがよくわかりました。球団からも、チームの仲間も、監督やコーチからも、可愛がって貰って、人柄も良いのかと思います。真面目に努力をしているのを近くで見ているからでしょう。引退試合には、2軍の試合にもかかわらず、たくさんの選手や、矢野監督も駆けつけています。多くの選手や監督たちのエピソードも知る事ができました。
その引退試合で、センターを守った横田選手が、二重に見える目で、ボールをキャッチし、タッチアップを狙う相手チームの本塁生還を阻止するバックホームで勝利に貢献しました。引退試合でのベストプレーが、奇跡のバックホームと言われています。
引退後にまた別の場所に腫瘍がみつかり、治療していたけど、今はまた元気になったと聞いています。まだ若いので、これからは幸せになってほしいです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック