この世の春 下2021/04/09



「この世の春 下」 宮部 みゆき・著 新潮文庫
北見重興が、父を殺した原因、根絶やしにされた出土村。城下から相次いで失踪した子ども達。すべての謎は、重興の覚醒とともに真実へと導かれる。
時代物のミステリー。
重い内容でしたが、面白かったです。最終巻で、謎がいろいろ解かれました。今は重興のような症状の人がいるのは、知られていますが、この時代にはわけがわからないだろうと思いました。
登場人物が魅力的な人が多かったです。重興の元奥様や、少ししか出てこないけど、女馬喰のしげも良かったです。恐ろしい人物もいますが、五香苑で働いている人たちは、好ましいです。呪いって、怖いです。まさに人を呪わば穴二つ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック