滔々と紅2022/05/11


滔々と紅

「滔々と紅(とうとうとべに)」 志坂 圭・著 ディスカヴァー文庫
天保8年、飢饉の村から9歳の少女、駒乃が人買いによって江戸吉原の大遊郭、扇屋へと口入れされる。駒乃は、吉原のしきたりに抗いながらも、人気花魁、艶粧(たおやぎ)へと成長する。忘れられぬ客との出会い、突如訪れる悲劇。苦界、吉原を生き抜いた女性の人生。
読みやすくて、面白かったです。吉原の話だと、苦しい事ばかりかと思いきや、語り口が明るいのです。もちろん辛い事も起きます。主人公が気概があるので、逆境にもめげないのです。嫌なことは嫌というから、いろいろ問題も起こします。主人公になつく利発な禿(かむろ)なつめとの話は、映像が浮かんできます。吉原のしくみもわかりやすく解説されていました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック