千両かざり 女細工師お凜2021/06/26



「千両かざり 女細工師お凜」 西條 奈加・著 新潮文庫
錺職の老舗「椋屋」の娘・お凜は、女だてらに密かに銀線細工の修行をしている。跡目争いでざわめくなか現れた謎の男・時蔵は、江戸では見られない技で簪をつくり、一門に波紋を呼ぶ。天保の改革で贅沢品が禁じられ商いが難渋する店に、驚天動地の大注文が入る。江戸の町に活気を与えたいと、時蔵とお凜はこころをひとつにするが……。
かわいいラブストーリーかと思ったら、意外な方向へ。勝手ですが、期待と違う方へいって、不満が残りました。
細工の腕があっても、女だからと認められないのは、この時代は特にそうだと思います。細工もできるけど、店のやり繰りや、職人にも気を配って、よくできた主人公でした。天保の改革の時代は、店をやっている人大変です。今のコロナ禍でも、状況は違うけど、苦労している人がいっぱいいます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック