1秒先の彼女2021/06/27


1秒先の彼女

「1秒先の彼女」 ヒューマントラストシネマ有楽町
郵便局で働くシャオチー(リー・ペイユー)は、仕事も恋も冴えない日々を送っていた。そんなある日、彼女は街で出会ったハンサムなダンス講師ウェンソンと、“七夕バレンタイン”にデートの約束をする。しかし彼女がふと目を覚ますと、既にバレンタインの翌日になっていた。シャオチーは失くした大切な1日の記憶を取り戻すべく奔走するが……。
「熱帯魚」「ラブゴーゴー」で“台湾ニューシネマの異端児”として注目を集めたチェン・ユーシュンが監督・脚本を手がけている。
ありえない設定だし、失われた1日の秘密に説得力がないけど、楽しく鑑賞しました。ほっこり不思議系ラブストーリーです。台湾には旧暦の七夕にもバレンタインがあるらしいです。主人公が働くのが郵便局で、手紙も重要な意味があるし、台湾映画が好きだし、手紙も好きだから、興味深かったです。1日が消えて、起きたらバレンタインの翌日だったし、見知らぬ自分の写真が、写真館に飾られていたり、前半は主人公と同じく疑問が多いです。シャオチーは、何でも人よりワンテンポ早い人で、失敗も多いけど、そのエピソードが面白いです。だんだん可愛い人だなぁと思えてきます。その秘密を握るのは、いつもワンテンポ遅いグアタイ(リウ・グァンティン)。仕事そっちのけにしてしまう事が多くて心配になります。一歩間違えるとストーカーみたいな感じだけど、純愛といえばそうなんだろうなぁ。結構笑えてしまいました。唐突でシュールなところもあるけど、楽しい映画でした。

★★★★☆  4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック