JUNK HEAD2021/04/03



「JUNK HEAD」TOHOシネマズ日比谷  
遺伝子操作により長寿を得た人類は、その代償に生殖能力を失う。さらに環境汚染やウィルス感染により人口は減少。人類滅亡を止めるカギは、地底世界で独自に進化し、繁殖能力を得た人工生命体にあった。未来を救うために、主人公は地下迷宮へと潜入する……。 
孤高のクリエイター堀貴秀氏が、独学の映画作りで、7年の歳月をかけて制作したストップモーションアニメーション。
SFだけど、アドベンチャー、アクション、コメディ、いろいろな要素がありました。キャラクターやクリーチャーのデザインが良かったです。ハラハラと危機一髪が多かったです。笑いも多いけど、グロテスクでもあります。
クリーチャーはギレルモ・デル・トロ監督の映画に出てきそう。ギーガーの世界にも近い気がしました。日本語ではなく、不思議な言語で、そういう世界がありそうで良かったです。エンドクレジットで、監督がたくさんの声を担当しているのがわかります。ハマる人とハマらない人がいるかもしれないけど、私はとても面白かったです。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック