椿の庭2021/04/13


椿の庭

「椿の庭」 シネスイッチ銀座
庭に椿が咲き誇る一軒家。長年連れ添った夫を亡くした絹子(富司純子)は、夫と子どもたちとの思い出が詰まったその家で娘の忘れ形見である孫娘の渚(シム・ウンギョン)と暮らしていた。夫の四十九日を終えたばかりの春の朝、世話していた金魚が死んでしまう。金魚は椿の花で体を包まれ、庭の土へと還っていった。庭に咲く色とりどりの草花から季節の移ろいを感じ、家を訪れる人びとと語らいながら、過去に思いをはせながら日々を生きる絹子、そこの寄り添っている孫の渚。しかし……。
失われつつある美しい日本の風景。空や海、庭の美しさ、鳥のさえずりや、虫たち、うっとりする映像美でした。
広告写真などを手がけるカメラマンの上田義彦氏の初監督作品だそうです。
シム・ウンギョン演じる渚の母は亡くなっているけど、もう1人の娘の役が鈴木京香で、主に3人が中心に描かれています。
シム・ウンギョンやチャン・チェンが出ているというので、興味が湧きました。良かったし、話も納得できますけど、ゆったりしたムードなので、眠くなりました。これぞ日本の美しさという感じです。海を臨む高台の家なので、高級住宅なのでしょうけど、昔っぽい電話やレコードプレーヤー、果物を食べたり、懐かしい風景でした。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック