ピングー展2020/08/14



「ピングー展」 松屋銀座8階イベントスクエア
スイスの映像作家、オットマー・グットマンによって1980年に誕生した「ピングー」は、南極を舞台に、ペンギンのピングーとその仲間たちの愉快な日常を描いたストップモーション・アニメーションです。
ピングー誕生から40周年だそうです。
日本を含む世界155ヶ国以上の国と地域で放送されたそうです。
見たことある人は知っていると思いますが、これは明瞭なセリフがなくて、何をしているのか、表情や行動で理解するところがあるので、世界中で共通に見れるのではないかな。声優さんが声をあてている映像があったけど、1人で全部の役をやっていました。原画や、クレイ人形、ジオラマなどを見ることができます。
日本のアニメーターの人が担当していたこともあったようです。
ピングーグッズもたくさん売っていました。


写真撮影OKな、巨大なピングーの人形です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック