たゆたえども沈まず2020/08/05


たゆたえども沈まず

「たゆたえども沈まず」 原田 マハ・著 幻冬舎文庫
19世紀後半、栄華を極めるパリの美術界。画商・林忠正は助手の重吉と共に流暢な仏語で浮世絵を売り込んでいた。野心溢れる彼らの前に現れたのは日本に憧れる無名画家ゴッホと、兄を献身的に支える画商のテオ。親交を深めていくが、孤高の画家ゴッホには大きな苦悩があった……。
ゴッホの弟テオと、実在の人物ではない重吉が語り手となっています。この時代のパリでの、浮世絵ブームや、印象派の画家たち評価など、とても興味深く、面白かったです。実話とフィクションが織り交ぜてあります。実際、謎も多いゴッホの生涯(特に最期)ですし、こういう事があったのではないかと思いました。
テオも兄との関係に苦悩していたのがヒシヒシと伝わってきました。
ゴッホの絵が好きな人が読むとより楽しいかもしれません。絵の描かれた背景もわかって、絵の見方が変わりそうです。ゴッホの映画も多いですが、また違った観点で見ているように思います。本の構成も良かったし、タイトルも合っています。浮世絵が、海外の美術館に多く所蔵されているのは、こういう事だったのかとも思いました。