龍星閣がつないだ夢二の心 前期2023/01/18



「龍星閣がつないだ夢二の心~「出版屋」から生まれた夢二ブームの原点」 日比谷図書文化館
令和4年4月1日に区指定文化財となった「龍星閣旧蔵竹久夢二コレクション」は、千代田区内の出版社である龍星閣が集めたものです。竹久夢二は、「大正ロマン」を象徴する詩人画家として知られていますが、没後は一時世間から忘れ去られたこともありました。龍星閣の創業者・澤田伊四郎(さわたいしろう)は、「埋もれたもの、独自なものを掘り出して世に送ること」を出版理念とし、夢二の作品を精力的に集め、作品集として世に送り出しました。これをきっかけに、人々の眼差しは再び夢二に向けられ、今に続く夢二ブームへと繋がりました。
龍星閣の出版活動とそのコレクションを紹介しています。こちらの展示はいつも入場料が安いですが、今回は観覧無料でした。それなのに、展示はしっかりとわかりやすく工夫されています。龍星閣は、高村光太郎の「詩集 智恵子抄」や、岸田劉生の「劉生絵日記」なども出版しているそうです。
竹久夢二の原画や直筆の手紙など、たくさん見る事ができました。掛け軸や、挿絵、多くの表紙絵も描いています。多才な活躍ぶりがわかりました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック