マン・レイのオブジェ2023/01/15



「マン・レイのオブジェ」 DIC川村記念美術館
マン・レイ(1890-1976)は20世紀にアメリカとパリで活躍した芸術家で、絵画、写真、オブジェなどの作品を手掛けました。
マン・レイはついでに見た感じですが、久しぶりにDIC川村記念美術館に行きたいと思っていました。所蔵作品を見るだけでも、うっとりの品揃えです。あいにくの雨模様でしたが、やっぱり素敵な美術館です。庭園も建物も美しいです。マーク・ロスコをはじめ、モネやレンブラント、シャガール、ピカソ、いろいろ見る事ができて満足でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック